2019年07月12日 17:29  

~雑種犬ナナの物語~前編

こんにちは♪ドッグハウスルポですにっこり

今日は先日7月7日七夕に13歳のお誕生日を迎えた
雑種犬ナナちゃんの飼い主様から頂いたお手紙が
とても嬉しかったのでご紹介をさせて頂きますハート

~雑種犬ナナの物語~前編


《ナナは散歩の友が欲しくて、獣医さんからもらってきました。
公園に捨てられていた子犬で、
生後2か月位だったので7月7日に生まれたことにして、
ナナと名付けました。

教えなくてもトイレを覚え、拾い食いすることなく散歩し、
無駄吠えすることのない賢い犬で、言葉を理解し問題なく生活していました。

10才を過ぎた頃から反抗することがありましたが
嫌がることは回避して生活していたところ、
12才3か月の時トラブルがおき、咬まれました。

何一つ服従訓練をしていませんでしたが、常に私の姿を見て
追っていたので、私をリーダーだと認めていると思っていましたが
実際はナナがリーダーでした。
家族のために神経をピリピリさせて番犬をしていたのです。

他の訓練所の訓練士さんには

12才で躾は無理、クレートには絶対に入らない。
12才まで咬まれなかったのは運が良かっただけ
直ることはない。

と言われました。

その後、ルポの先生に咬まない・車に乗る・座れ・ふせ・・・と
次から次へと教えていただき、ナナとの関係が変わり
反抗されても従わせる自信ができました。
穏やかで安心して寝たり遊んだりしている姿は
半年前には想像できませんでした。

ルポの先生方は
①何を質問しても答えてくれ何をお願いしてもすぐに対応
してくれる豊富な知識力
②犬がどんなに反抗をしても、それをかわして従わせる指導力
③飼い主を安心させてくれる会話力
④かわいい写真をとる撮影力があり、どれも本当に素晴らしくて
感心して、感謝しています。

これからもよろしくお願いします》

~雑種犬ナナの物語~前編

・・・・・・・・・・・・

何度も何度も読み返してしまいましたしっしっしキラン


ナナちゃんとの出会いは2018年11月。
ルポにお電話をいただいた時のことをとてもよく覚えています。

当時12才。麻酔をして首輪を付け替えた、ブラッシングも敏感に
なっていて怒るのでできない。
なんとかならないか見てほしいというようなご依頼でした。

そのとき
「ではトレーニングが出来そうか一度伺って見させてください」と
お伝えしましたが、私自身も10歳を過ぎた
本気咬みのわんちゃんを扱うのは
初めてで未知でした。

初めて会った日、ナナちゃんは他人に無関心というような印象でした。

~雑種犬ナナの物語~前編


~雑種犬ナナの物語~前編


~雑種犬ナナの物語~前編



念のため皮の手袋を付け、ブラシを手に持ちファーストタッチ。

あれ?全然いけるかも!と思って抜け毛が多そうな
お尻付近に手をのばした瞬間
ナナちゃんは豹変し手に向かって歯を立ててきました。

咬み方を見て思いました。恐い、痛いではなく
〝ただ気に入らないだけ〟
その反応を見せれば今まで気に入らないことは
避けてこられたのでしょう。

ナナちゃんのママはとても熱心な方です。
時間がかかることはよく理解している。
それでも今より少しでも良くなる可能性があるなら
トレーニングを試してみたいと力強いお言葉を頂き
ルポでトレーニングをお引き受けしようと決めました!!

~雑種犬ナナの物語~前編



・・・・中編へ続く・・・・

















▼DOG HOUSE RUPO(ドッグハウスルポ)
444-0931 愛知県岡崎市大和町平野63-1
TEL:0564-83-6402/080-2628-4568
営業時間:AM9:00~PM7:00(毎週水曜定休)

ホームページFacebookInstagram

Posted by RUPO │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。